ゴルフ72のコツ
初心者でもお金を掛けず、最小限の練習でゴルフが上達するコツを紹介します。

有名レッスンプロの内容と評判

HOME > 有名レッスンプロの内容と評判

他のコーナーでも散々述べていますが、日本のゴルフレッスンの世界には、世間の評判は高くても、理屈がまるで分からない理論も数多くまかり通っています(バンプとスウェーなどが典型)。しかし難しいことは、ある人には非論理的と思える理論も、別の人にとっては言っている意味がよく分かり上達した、という事もありえる点です。

ゴルフスイングは「腕を振らずにボディーターンだ」と強調する教えが主流ですが(中井学プロなど)、一方で腕を積極的に使うことを推奨する教え(桑田泉プロ雑巾王子など)もあります。しかし両者のスイングは、見た目的にはほぼ同じで、ボディーターン派のスイングでも必ず腕はしっかり動かしてますし、手打ち不可欠派のスイングも身体の回転を使っています。あくまでも感覚の問題であり、全身を使ってクラブを振るという基本部分のは、ハンマー打法やオースチン打法のような異質の教えでも同じです。

どんなに科学的に分析しても、最後に行うのは人の肉体であり、そこでは感覚に左右されてしまう部分が強いのです。ゴルフの指導法でもプロによって言ってることが様々であり、アマチュアにとってはどれが正しいのかを見分けるのは大変です。

結局はどの理論でも同じような見た目のスイングに行き着くことが、それぞれの理論も間違って居ないことを証明しています。結局、そのプロの動きを完全コピーできれば上手に球を打てるようになるはずです。しかし、習得できるまでの難易度は教えによって異なりますし、そもそも各人の体質(骨格・筋力・柔軟性)や感覚により、向き不向きが生じます。つまり、万人にとってベストな教えというのは無い!と言えるのです。

とりあえず100を切れたらそれでOKという人は、レッスン書に頼らず、当サイトの100切りの基本で紹介していることだけをマスターすれば、それだけで十分可能です。大叩きさえ避ければ、誰でも100は切れるようになります。

しかし、90台→80台とより上を目指して上達したければ、ゴルフスイングの精度を上げる必要があり、なにかしらの理論をベースに練習を続けていかねばなりません。その際には、誰か評判の良い有名プロのレッスンを参考にするのが最善ですが、自分の体質や感覚にマッチする教えを見つける必要があります。当コーナーでは、アマチュアの方達が自分に合うレッスンはどれなのか、見つける為の指針となるべく、有名レッスンプロの教えの基本部分を紹介していきます。

プロのレッスンには、技術的・理論的に教える人もいれば「右折の動き」とか「上げて上げる」などと感覚的な表現で教えるタイプの人も居ます。一見するとそんな感覚派の教えは、受講者の評判が悪そうに思えますが、実はそうでもなかったりします。

そして、ゴルフスイングで最も重要な「フェースターン」について、手を使って積極的にフェースを開閉するアームローテーション派のプロと、手を使わずに体の回転でナチュラルなフェースターンに留めるボディターンスイング派のプロとに分かれます。この二つは水と油、神学論争のように対立する理論ですが、極めればどちらでも正しく打てるようになります。

繰り返しますが、どの理論も結局は同じ形に行き着く訳ですから、一方が正解でもう一方が間違っているから対立している・・・という訳では無いのです。しかし、各人の体質により、向き不向きが大きいので、自分に向いてない理論を練習しても、上達に時間がかかりすぎるのです。

ゴルフ自宅練習プログラム
時間がない人や、お金が無い人でも上手くなれる、自宅内でできる練習プログラムです。1日たった10分、最速100切りが目指せる内容です! しかも180日間の返金保証がついており、効果がなければ返金が可能なので、安心して購入できるプログラムです。
当サイトはリンクフリーです。画像や文章の盗用は禁止致します。
Copyright (C) 2016 www.golf72kotu.com All Rights Reserved.