ゴルフ72のコツ
初心者でもお金を掛けず、最小限の練習でゴルフが上達するコツを紹介します。

ゴルフで多い悩みの原因と対処方法

HOME > ゴルフで多い悩みの原因と対処方法

ゴルフはミスが付きもののスポーツです。アマチュアゴルファーは、ナイスショットする確率よりも、思い通りにならないショットの方がはるかに多いのが常です。

ですからゴルフの上達には、ミスを減らしていくことが不可欠ですが、なぜそのような失敗が起きるのか?原因を理解していないと、いつまで経っても同じミスを繰り返す羽目に陥ります。

このコーナーでは、多くのアマチュアゴルファーが悩んでいるミスの原因とその対策を考えていきます。

アマチュアゴルファーの典型的な悩みが、ショットが右に大きく曲がってしまう「スライス」です。100を切れないゴルファーのほぼ全員が、スライス癖を抱えています。スライスの原因は、インパクトでクラブフェースが開いている、もしくはスイングの軌道がアウトサイドイン(カット軌道)になっているからです。

スライス癖を直すには、ダウンスイングでフェースを閉じる動きをすることが不可欠です。それには大きく分けて、手を返す「アームローテーション」で閉じる方法と、ひたすら体(特に肩)を旋回させてフェースが返るポイントで打つ「ボディーターン」で閉じる方法の二つがあります。どちらの方法でもOKなのですが、その人の体質(腕力や体の柔軟性など)によって、やりやすい方法が異なってくるので、自分にフィットする打法を追求する必要があります。

一方で、ゴルフの専門書や雑誌のスイング解説を見ると、初心者には理解しがたいことは無論、相反するような事が説明されていたりもします。例えば、体重移動とスウェーの違いって分かりますか?どちらもスイング中に重心が右へ左へと移動する事を意味しますが、「体重移動は必要」と書いてるのに「スウェーは御法度」なんて書かれてるので、一体どうすりゃいいんだ?と分からなくなりますよね。

正直な話、レッスンプロでもその違いをはっきり説明できる人は少数派です。正解は「スウェーは御法度だけど、ゴルフスイングで体重移動は勝手に起きるもの」という事です。スタック&チルトのような特殊な打ち方を除けば、一般的なゴルフスイングで体重移動は嫌でも起きてしまいます。それを極力無くすようにすることが、スウェーを防ぐ事に繋がり、スライス撲滅と飛距離アップが望めます。

似た概念として「軸を動かすな」とか「頭を動かすな」というのもよくある教えですが、これもアマチュアには理解が難しい部分です。プロの中にも、スイング中に頭が大きく左右に動く人は居ます。例えば小林浩美プロや高松志門プロのように、テイクバックとインパクトで、頭ひとつ分以上動くようなプロゴルファーも居ます。それどころか、宮里藍や石川僚のように、インパクト時にむしろ反対側に大きく頭が動く人も居ます。

ゴルフ雑誌などを読んでいると、結局どうするのが正しいのか、色んな本を読めば読むほど、どんどん分からなくなります。正しい答えはどれなのか?判断がつかない事が、実はアマチュアゴルファーの最大の悩みだともいえます。

当コーナーでは、このように様々な相反する通説がまかり通っているゴルフスイングの「本当に正しいこと」だけを抽出して、初心者の人にも一発で理解できるように解説していきたいと思います。

ゴルフ自宅練習プログラム
時間がない人や、お金が無い人でも上手くなれる、自宅内でできる練習プログラムです。1日たった10分、最速で100切りが目指せる、初心者に最適な内容です! しかも180日間の返金保証がついており、効果がなければ返金が可能なので、安心して購入できるプログラムです。
スマホだけ表示てすと
当サイトはリンクフリーです。画像や文章の盗用は禁止致します。
Copyright (C) 2016 www.golf72kotu.com All Rights Reserved.