ゴルフ72のコツ
初心者でもお金を掛けず、最小限の練習でゴルフが上達するコツを紹介します。

7番アイアンは実はアマチュアには難しいクラブ

HOME > 悩みの原因と対処方法 > 7番アイアンは実はアマチュアには難しいクラブ

多くのゴルフ書籍やレッスンの場では「7番アイアン(通称・7鉄)は基本のクラブ」だという教えがまかり通っています。スイング作りの基礎は7鉄だとか、練習場では7番アイアン一本で十分だとか・・・etc。

ところがアマチュアゴルファーは、7番アイアンをまともに打てない人が圧倒的に多いです。ネット検索から当ページに辿り着いた人は、7鉄のミスが多くて「何かコツはないのか?」と迷い込んだものだとお見受けします。

最初に絶望させるような事を言いますが・・・7番アイアンが上達するコツなんてものは存在しません!ひたすら練習し、正しいスイングを固めていけば打てるようになる、それだけです。

実は7番アイアンというのは、世間で語られているほど簡単なクラブでは無いのです。当サイトでは何度も述べていますが、近年の初心者向けクラブはストロングロフト化が著しく、現在の7番アイアンは平均30度です。ロフト角30度というのは、上級者向けのマッスルバックアイアンや、一昔前のアイアンセットで比較すれば、5番と6番の間くらいの角度です。

ゴルフクラブは、ロフトが立っている(角度が少ない)ほどサイドスピンが掛かりやすい=左右に曲がりやすくなります。また球が上がりづらく、ある程度以上のヘッドスピードで振って「芯」で捉えないと、まともな飛距離が得られません。確かに初心者向けアイアンは、大型ヘッドとキャビティバック形状の効果で、低重心&スイートスポットは広くなっていますが、それでもロフト角が立っている影響は相殺しきれません。平たく言うなら・・・

そもそもアマチュアゴルファーには7番アイアンは難しい

・・・クラブなのです。当サイトでは、初心者は5番アイアンを捨ててユーティリティを使え!と提言していますが、理想を言えば6番も7番もユーティリティに変える事を推奨したいです。しかし6番(26〜28度)のユーティリティなら何とか売られていますが、7鉄相当(ロフト角30度前後)のユーティリティというのは、残念ながらほぼ存在しません・・・。

ではアマチュアゴルファーは、難しい7番アイアンを打ちこなすべく、ひたすら練習するしかないのでしょうか?実はそんな努力の必要などなく、7番アイアンを封印するという方法もあります。唯一の前提条件は、6番アイアンをユーティリティ(UT)に変える〜という事だけです。

7鉄を使わないでプレーするのも有力な戦略です

具体的には、7番アイアンの距離(一般の男性アマチュアなら130〜150ヤード程度)を打ちたい時は、6番UTのフェースを少し開く&短く持って打つという方法です。7鉄のフルショットより6UTのコントロールショットの方が、確実に安定性は高いです。

7鉄より6UTの方が明らかに「芯」が広いですし、低重心なのでゆっくり振っても球がしっかり上がりますし、ソケットの出っ張りも無いのでシャンクも起きません。そしてフェースは開いて打つ方が抜けが良くなって簡単になりますし、短く持てばミート率も上がります。

★関連ページ;フェースは「開く」より「閉じる」方が圧倒的に難しい

実は当サイト管理人も、ベストスコアが90台の時までは、7番アイアンの精度が低かったので6番ユーティリティを軽く打つ事で代用し、ミスを減らすよう心がけていました。7鉄をしっかり使いこなせるようになるのは、実質80台を出せるレベルの人からだと思います。

というのも、ゴルフ場の地面から7鉄の距離である130〜150ヤード位を打つ場合、100前後のアマチュアではグリーンに乗せれる確率は3〜4回に1回あれば関の山です。練習場と違ってゴルフコースでは傾斜や芝の具合などがありますし、プレッシャーも掛かるので、ナイスショットできない方が多いのです。

ですからあまり欲張らず、グリーン周辺まで運べれば上出来だと割り切り、ザックリやシャンクなどの酷いミスを出さないようにする事が最重要です。それには、7鉄ではなく6UTを使う方が明らかに良い選択となります。

貴方が上級者を目指して努力を惜しまない覚悟なら、苦手意識を克服するまで7鉄を打ち続けろ!というアドバイスになります。しかし練習なんて極力したくない、楽して100を切れたらそれで十分だ、という考えならば、実は難しいクラブである7番アイアンなど諦めてプレーする事をお勧めします。

7番アイアンは実は難しいクラブまとめ
・スコア100前後のアマチュアにとって7番アイアンは難易度が高い
・6番アイアンをUTにして、コントロールショットした方が安定する
・ミスが多く苦手意識のあるクラブは、使うべきではない!

ゴルフでは最大14本のクラブをバッグに入れれますが、大抵の人は「今日のラウンドで1回も使わなかった・・・」というクラブが何本か入っています。ミドルアイアンは距離の打ち分けるクラブですが、低級アマチュアはそもそも正確に使いこなせないので、あまり意味がないのです。

上級者は6〜7本のクラブだけで回っても80台のスコアで回ってきたりしますが、彼らの腕が凄いことだけが理由ではありません。大きめのクラブで、フェースを開いたり短く持ったりしてコンパクトに打つ方が、酷いミスが減って物理的にスコアが安定しやすい事も要因なのです。7番アイアンが打てないなら「使わない」というのが正しいマネージメントなのです。

ゴルフ自宅練習プログラム
時間がない人や、お金が無い人でも上手くなれる、自宅内でできる練習プログラムです。1日たった10分、最速100切りが目指せる内容です! しかも180日間の返金保証がついており、効果がなければ返金が可能なので、安心して購入できるプログラムです。

当サイトはリンクフリーです。画像や文章の盗用は禁止致します。
Copyright (C) 2016 www.golf72kotu.com All Rights Reserved.