ゴルフ72のコツ
初心者でもお金を掛けず、最小限の練習でゴルフが上達するコツを紹介します。

山本道場の魚突きドリル

HOME > 有名レッスンプロの内容と評判 > 山本道場の魚突きドリル

魚突きドリルとは、大人気Youtubeチャンネル「山本道場ゴルフTV」で実戦されている、新感覚(?)のゴルフスイング理論です。自分の正面に「魚」がいると想像して、それを銛で突く動作を行えば、自然とボールが打てるようになるという、不思議な理論です。

魚突きドリルの考案者である道場の師範=山本誠二コーチは、オーストラリアへゴルフ留学した事がきっかけで、日本従来のゴルフレッスン(左手主体・下半身リードのボディーターンスイング)に疑問を持ったとのこと。そして「和製スイング」の悪い点、そしてアマチュアゴルファーが陥りやすい悪癖(身体が伸び上がる・引っ張り下ろす・左へ突っ込む・・・等)を自然と改善できるような内容へ突き詰めていった結果、正面の魚を突く動作に辿り着いたそうです。


※魚突きドリルの概要を説明する山本コーチ。

魚突きドリルでは、クラブを振り上げる動作は不要、魚を突こうとして右腰の横へグリップを引き寄せる動きをすれば、反動で勝手にクラブがトップの位置に上がります。ダウンスイングでも決して「クラブを下ろそう」と考えず、正面にいる魚を突く〜つまり自分の前方へクラブを「押す」という動きになります。この事だけをやり続ければ、そのうちゴルフスイングっぽくになっていき、球にちゃんと当たるようになってくるのです。


※始めて魚突きドリルを行うジュニア生。


※従来のゴルフ理論に染まった大人が魚突きドリルをやった場合。

テイクバックで右腰の方へクラブを引くので、一般的なゴルフ理論で分析すれば、極端なインサイドアウトのスイングになります。しかし山本コーチは「インサイドとかそういう従来のゴルフ理論で考えてはいけない」と言います。山本コーチはとにかく「和製スイング理論」で考えること自体が、ゴルフの上達を妨げているのだそうです。

魚突きドリルの内容〜その他のポイント
・スイング中に左脇は締めない。左手をピンと伸ばす意識も不要
・身体をねじらない。右は右、左は左、と分離して動かす
・引っ張り下ろすのはNG!押す力で打つ
・手前から奥へ振る「縦ダフリ」の意識を持つ
・グリップやスタンスは本人がやりやすければ何でもOK

魚突きドリルは、クラブの慣性力・物理現象を利用するスイングであり、自分で能動的にクラブを上げる・下ろすなど考えない事が重要だと説いています。そして、この魚突きドリルの動きが出来れば、他の事はどうでもいいと言います。グリップもスタンスも本人がやりやすいものでOK、スイング中のシャフトの角度などは「角度もへったくれも無い!」と一刀両断しています。


※一番弟子?いつき選手に「角度もへったくれもない」と教える(笑)。

プロゴルファーのスイングも人それぞれ千差万別なので、細かい事は各自のフィーリングに任せてOK。「テイクバックで伸び上がる」「ダウンで引っ張り下ろす・突っ込む」といったゴルフスイングで絶対NGな動きを抑制するのが最重要で、他は各自がやりやすいようにすれば良いという理論で、それを実現するのが魚突きドリルという訳です。

魚突きドリル内容まとめ
・クラブが動く反動の力(物理現象)を利用したスイング
・自分で能動的にクラブを上げ下ろししない。「突く」動きに専念する
・その他は、各自のフィーリング、やりやすいように行ってOK

なおスライスで悩む人は、魚突きドリルは有効な改善手段になるでしょう。極端なインサイドアウトのスイングなので、必ずフックが打てるようになります。事実、山本道場の動画に出てくる4人の看板娘(いつき・ちさと・しおり・もえな)を筆頭に、ジュニア達も全員ドローボールを打っています。

※ですが山本コーチ曰く、魚突きドリルでもフェードは打てるそうです。

山本コーチは、最終的にはスイングの事を考えず「あそこにボールを打ちたい」と思ったら、何も考えずにナチュラルにボールを打てるようになる事が究極だ、とレッスンしています。そのためには、今までの意識・和製スイングの常識を完璧に捨て去るべきだと教えています。

従って魚突きドリルを実戦するなら、中途半端に要素を取り入れるとグチャグチャになるので、完全にこれに専念して練習すべきです。ただし、理屈よりもフィーリングが重要な理論なので、独学ではなく実際に教わる方がよいでしょう。初心者でも可能(むしろ先入観が無いから有効)なレッスンらしいので、気になる人は山本道場に入校してみては?

当サイトはリンクフリーです。画像や文章の盗用は禁止致します。
Copyright (C) 2016 www.golf72kotu.com All Rights Reserved.