ゴルフ72のコツ
初心者でもお金を掛けず、最小限の練習でゴルフが上達するコツを紹介します。

ゆっくりバックスイングすればショットが安定する!

HOME > 100を切るために必要な基本技術 > ゆっくりバックスイング

ゴルフスイングの根本的な間違いで、特に初心者にありがちなのが、バックスイング(テイクバック)が速すぎることです。ショットを安定させるには、アマチュアの感覚よりも遙かにゆっくりバックスイングする事が重要なので、その理由を説明します。

ご存知のようにゴルフスイングでは、トップまで振り上げる「バックスイング(テイクバック)」を行い、トップで切り返してダウンスイングに入ってボールを打ちます。アマチュアの人はボールを打ちに行くダウンスイングばかり重要して、テイクバックは軽視されがちですが、実は再現性の高いショットを打つには、バックスイングも極めて重要なのです。

ゴルフスイングは体感を中心とした回転運動で、クラブを振ってボールを飛ばすパワーを得ます。この回転運動で得る遠心力こそが、ゴルフスイングで最も重要な要素の一つです。

★関連ページ;ゴルフスイングにおける遠心力の本当の意味

しかし回転運動はダウンスイングだけでなく、バックスイングでも発生していますし、そのスピードが速いほど、トップでシャフトクロスになる「オーバースイング」になりやすいです。

シャフトクロスだとスイングの助走距離は大きいですが、インパクトの再現性が低下します。横峯さくらやババ・ワトソンなど、ヘッドが身体の前側にまで来るオーバースイングのプロゴルファーも居ますし、そんな人でも正確なショットを打っています。しかし彼らは、アマチュアとは比較にならないほどの練習量があるからこそ、極端なオーバースイングでも精度が高いのであって、一般人が真似することはお勧めできません。

バックスイングと遠心力

アマチュアゴルファーは、自分で思っている以上にトップが大きくなりすぎている傾向があります。大抵の人が、スマホで自分のスイング動画を撮って見たら「俺ってこんなにオーバースイングしてたのか・・・」と驚きます。この原因も、人間が思っている以上に遠心力・慣性の力が大きいからです。地面と平行なトップを目指すと大抵の人がオーバースイングになりすぎるので、スリークォーターで止めるくらいの感覚で丁度良くなります。

当然、バックスイングのスピードが速いほどオーバースイングになりやすいです。また、僅かにスイング軌道が違うだけで、トップの上がる角度が変わり、シャフトの捻れ方も変わるので、ダウンスイングでクラブが下りてくる軌道も大きくズレます。さらにクラブの慣性力に負ける事も起きやすく、トップでスイング軸がぶれてしまい、様々なミスを起こす原因となります。

宮里藍や松山英樹のスイングを見習おう

しかし、宮里藍プロのようにバックスイングをゆっくり上げると、トップが安定し、シャフトのしなり・捻れも常に一定に納めやすいので、ダウンスイングの軌道も安定し、ショットの再現性が高くなります。勿論、スイング軸がブレるエラーも起きにくくなります。

再現性の低さに悩んでいる人、酷いダフリ(ザックリ)やトップ、シャンクなどの打点がずれるミスが多い人は、一度バックスイングのスピードをゆっくり上げることを意識してみて下さい。

加えて初心者には、トップからダウンスイングの「切り返し」を、バックスイングの反動を使っている人も多いですが、これも絶対にダメです。一見、反動を使った方が早く振れそうに思いますが、慣性力で軸ブレを起こしやすく、またタメも作りにくいなど、デメリットが多すぎて逆にヘッドスピードは下がります。松山英樹プロのように、むしろトップで一旦静止する位の「静寂」がある方が、ダウンスイングの「動」の速さを生みやすいです。

上記の動画のように宮里藍プロは、太極拳のような極めてゆっくりしたスイング練習を行う事で有名です。宮里藍のゆったりと安定したスイングリズムは、こういった練習で身体に記憶させている訳です。速いテイクバックをしていれば、ダウンスイングまで全て勢いに任せるだけになりがちです。ゆっくり振る練習は、身体の各部分の動きを把握させるのに有効な方法です。

ゆっくりバックスイングまとめ
・大半の初心者は、バックスイングが速すぎてミスを誘発している
・オーバースイングは軸ブレを起こしやすく、再現性が悪い
・宮里藍のようなゆっくりバックスイングが、ショットの精度が高まる!

実は当サイト管理人も、初心者の頃はオーバースイングでトップが安定しない悩みを抱えていました。その原因は、バックスイングが速すぎて慣性力に負けていたことでした。一度上級者に「バックスイングが速すぎる!」と言われたことがありましたが、何故ダメなのか?その時は全く分かりませんでした。別の人から「バックスイングを速くするほどヘッドスピードも速まる」とも聞いていたし、ジャンボ尾崎プロが凄く速いテイクバックで飛ばしていたので、その方が良いと思い込んでいたのです。

しかしゴルフを続けていくにつれ、ゆっくりテイクバックすれば安定する事に気付いてからは、一気に上達した記憶があります。ゴルフはダウンスイングで決まりますが、その助走たるバックスイングも、同じくらい重要な要素です。ぜひ自分のスイングをスマホで撮って、ゆっくりバックスイングしたほうが適切なトップを作れることを体感してみて下さい。

ゴルフ自宅練習プログラム
時間がない人や、お金が無い人でも上手くなれる、自宅内でできる練習プログラムです。1日たった10分、最速で100切りが目指せる、初心者に最適な内容です! しかも180日間の返金保証がついており、効果がなければ返金が可能なので、安心して購入できるプログラムです。
当サイトはリンクフリーです。画像や文章の盗用は禁止致します。
Copyright (C) 2016 www.golf72kotu.com All Rights Reserved.