ゴルフ72のコツ
初心者でもお金を掛けず、最小限の練習でゴルフが上達するコツを紹介します。

家の中でも出来る!アプローチが劇的に上達する練習方法

HOME > 100を切るために必要な基本技術 > アプローチが上達する練習方法

ゴルフ初心者に多い悩みの一つが、アプローチショットが上手く打てないことです。グリーン周り・30ヤード以内の距離なら、初心者でもピンに寄せたい所ですが、ダフったり(ザックリ)トップしたりシャンクしたり等々、中々上手くいかず悩んでいる人も多いでしょう。

30ヤード以内から確実に3打以内で上がれるようになれば、100切りという目標に劇的に近づきます。アプローチを5メートル以内まで寄せれば、2パットで上がれる確率は高いので、3打以内で上がれます。つまり、ベタピンまでいかなくとも、そこそこの距離感、ほどほどにカップに近づけていけるアプローチショットが必要なのです。これはさほど難しい技術ではなく、ダフるとかトップしたりせず、正確にフェースがボールを捉えられるようになれば良いだけです。

※アプローチショットは、半分はボールを浮かせるので、パターのように繊細な距離感は必要はありません。パターの打球はずっと転がっているので、傾斜や芝目の影響を受けて、正確な距離感を出すのは難しいです。慣れればアプローチ(ピッチエンドラン)の方が距離は合わせやすいです。

ということで、アプローチショットの小さなスイングで、正確にボールを打てるようになるための練習が必要です。そして実は、このアプローチショットの練習は、わざわざ練習場に行かなくとも、家の中でもトレーニングする方法があります。

用意する物は、打ちっ放し練習場に備え付けている、上の写真のような打球マットだけです。ゴルフ用品店に行けば2〜3千円でありますし、アマゾンでも売っています⇒Tabata(タバタ) ゴルフ練習用ショットマット 300×600(mm) 。これを床に置いて、その上でアプローチショットの「素振り」を行うのです。

家の中だとフルスイングで素振りできるスペースは中々無いでしょうが、腰から腰より下、9時〜3時や8時〜4時くらいのスイング幅なら、室内でも十分にクラブを振れます。この振り幅は、丁度30ヤード以内のアプローチの振り幅です。上記のマットの上で、サンドウェッジやAW(アプローチウェッジ)を持って、この振り幅で素振りをするのです。

そして、ボールの場所を想定して、その真下か少し先のマットに軽く「カシュッ」と擦れるような軌道を目指して振る練習をするのです。目標よりも手前を擦っていればダフっている、全くマットに触れずに振り抜いていればトップしている訳です。このような事が起きないように、正確にボールの想定位置を軽く擦るスイング軌道を身に付けるのです。

写真のマットのように、白のラインが引かれていて、かつティーを指す穴が空いているタイプの物がお勧めです。ティーを指す穴をボールに見立てれば、クラブヘッドが何処を擦ったか?ダフっていないかが分かりますし、白の線よりクラブが奥に出てしまえばシャンクしている訳です。スイングの最下点も、軌道が前に出ていないかも一目で分かるという訳です。

この素振りを毎日5分でも30回でも構わないので、続けてみて下さい。1週間も続ければ、軌道が安定し、トップやダフるスイングが減ってくるはずです。そして1ヶ月もすれば、毎回同じようにボールの位置を「カシュッ」と擦れるスイングが身につくはずです。

アプローチ上達のコツは下半身と手首の使い方

注意点は、手だけで振ろうとせず、下半身の動きでクラブを振る事です。日本ゴルフ界のレジェンド=ジャンボ尾崎プロも「30ヤードのアプローチにスイングの基礎が詰まっている」とその重要性を話しています。小さなスイングですが、決して手だけで振るのではなく、下半身リードで振る意識を持つのです。

そしてダフらない、トップしないコツは、手首の使い方(角度)にあります。アドレス時から手首の角度が変わってしまうと、インパクトでの軌道がぶれます。アマチュアに多いのが、手首が伸びてしまい、ダフる事です。小さなスイングでも、クラブヘッドの重さと遠心力で、手首は伸びる方向へ引っ張られます。ですからアドレス時に、あらかじめ手首を伸ばして構えれば、手首が原因でダフる事は無くなります。それでもダフる人は、手首以外が原因(球を打ちにいって前傾が深くなる、手を下に向かって振りすぎている、肩が回っていない等)だと分かります。

★関連ページ;アプローチでザックリしない打ち方

この室内でのアプローチの素振りは、本当に劇的な上達効果があります。当サイト管理人も、初心者の頃はアプローチで上下に打点がズレ、ダフリやトップを連発していました。しかしこの練習でスイング軌道を身に付けてからは、アプローチが得意になりました。最初に100を切ったラウンドでは、ドライバーは酷かったのですが、アプローチでの寄せワンのパーやボギーを多く取り、凌ぎきった事が勝因でした。

逆にグリーン周りでトップしたりザックリしたりすると「何て勿体ない事を・・・」と落ち込み、精神的ダメージが大きいです。100を切れない人はまず、30ヤード以内のアプローチを安定させ、つまらないミスを減らす事がとても有効です。

家の中で出来る練習なので、一日3分でも良いから、毎日続けて下さい。準備運動も要らないですし体力も使わないので、寝る前でも、テレビCMの合間でも可能ですから、習慣にすることが重要です。とても地味な練習ですが、スコアアップに劇的な効果があることを保証しますよ。

ゴルフ自宅練習プログラム
時間がない人や、お金が無い人でも上手くなれる、自宅内でできる練習プログラムです。1日たった10分、最速100切りが目指せる内容です! しかも180日間の返金保証がついており、効果がなければ返金が可能なので、安心して購入できるプログラムです。
当サイトはリンクフリーです。画像や文章の盗用は禁止致します。
Copyright (C) 2016 www.golf72kotu.com All Rights Reserved.